断捨離で優柔不断と無駄遣いが直った

・断捨離で判断力が上がった
断捨離を始めるまでは全然来ていない服があっても(年単位で着ていないもの)、「またいつか着るかもしれないし…」と決断できないことがありました。

それによって、タンスの中に必要な服といらない服が混在して洋服を取り出しにくくなったりするようなことがありました。
そんな時期にネットで断捨離を知って、ある日年末だったのもあってやってみることにしました。着ていないものの状態のいい服は寄付に回して型崩れを起こした衣類はどんどん捨てることにしました。

靴下などは片方なくなっていてもいつかもう片方が見つかるかも…と思って取っておくことがよくありましたがそんなことはほぼなかったので靴下は結構捨てました。

捨てていく過程で最初の方は「やっぱりもったいないなぁ」と思うこともありましたが、それまで自分が着ていなかったことを考えると「今の生活に合ってなくて、必要なかったんだ」「型崩れした服をいい大人が着るのはみっともない」と気付いて物に見切りをつけることを学びました。

・断捨離を不定期で行うようになった
季節の変わり目や生活の変化、好みの変化などが起きたら断捨離をしています。
生活の変化から、辛かった時期の写真などがあったら捨てたりしています。

一番よく捨てるのは衣類ですが(着られない服やインナー)、その次は雑誌の付録などの小物が多いです。
もともとポーチやヘアアクセサリーなど小物が溜まりやすくて、使いにくいサイズだとまずは家族に使う人がいないか確認を取り誰も受け取らなかったら捨てています。

こういった小物は可愛いと取っておきたくなりますが、サイズ感が自分に合ってなくて使いにくいと可愛くても意味がないと見切りをつけるようになり無駄遣いをしなくなりました。


【関連記事】

部屋の片付けが苦手なズボラ女がついに断捨離を決意。断捨離で部屋が片付くだけではなく、ある方法でお小遣いもGET!そのある方法とは一体何か?
断捨離.net