禁煙がED治療の一歩目

ED(勃起不全)の原因の1つとして考えられているのがタバコの喫煙です。
なんと喫煙者の80%の人がタバコを吸っている喫煙者であるというデータもあるらしく、喫煙者ほどEDになりやすい傾向にあるようです。
何故タバコを吸うとEDになりやすいのでしょうか?
それは、タバコに含まれるニコチンやタールによって血管が収縮してしまうからだそうです。
陰茎は複雑な血管網が張られていますし、陰茎海綿体を貫く動脈に血が巡り渡ったところで勃起をするようになっています。EDになっている人は、そこに血が上手く巡っていかないことで起きています。
タバコを吸うことによって陰茎の血管が縮んでしまい、陰茎に血がなかなか巡らないためEDとなってしまうようですね。
よくドラマや映画などで夜の営みのあとのピロートーク中に男がタバコをふかしているシーンがあります。あのシーンは渋くて格好良いと思いますがEDになる原因でもあります。真似をしない方が賢明でしょう。
タバコを吸うことは「百害あって一理なし」というほど健康に悪影響を及ぼすものです。EDに限らず、喫煙者の方は自分の健康のためにも禁煙することをお勧めします。
夜の性生活が上手くいかない事で恋人や妻との関係が悪化して別れてしまうケースがとても多いです。
EDはタバコだけでなく心理面など複合的な理由で起こる事が多いので一概には言えませんが、禁煙する事がED治療に向けた第一歩であるといえます。素敵な性生活の為にも禁煙をお勧めします。