断捨離をすると頭の回転が速くなる

ものが溢れている生活をしていると、片付けることが嫌になります。その反対にすっきりとした部屋で生活をしていると、その状態をキープしたいという気持ちになります。そんなふうに、汚い状態だとそのことが平気になるのです。そんな風にはなりたくないですね。

そう思った時、定期的に断捨離を行いましょう。すると、意外なことに頭の回転が速くなることがわかりました。
歳をとると、頭の回転が鈍ってきます。その結果、部屋の中が散らかっている状態が多くなりませんか?

自分の両親の自宅を想像すると、直ぐにわかります。それは片付けることを面倒と思うことと、どのようにしたらいいのかわからないということがあるのです。面倒と思うことは、仕方のないことですね。しかし、どのように片付けたらいいのかわからないのは頭の回転が鈍っていることがあります。

認知症の人は、部屋を片付けることができずにそこらじゅうに色々なものが散乱していることがあります。
そのことを思うと、断捨離をして片付けることを身につけるととてもいいのです。

断捨離は、頭をつかうことが必要です。それはどれが不要でどれがいるのか早い人であれば瞬時に考えることが出来るのです。
その能力は、すごい事ですね。その能力が着くと、仕事の効率も挙げることができます。

それは仕事の優先順位を瞬時に感じて、行動することができるということです。
断捨離は、部屋を美しく変身させることができるだけではありません。